自己破産手続き準備中に判明!過払い金が見つかることも

自己破産準備は債務調査から始まります

自己破産を行う際には、債務額を確定させるために債務調査を行う必要があります。個人では債権者から全取引履歴を開示するように請求しても相手にされないことが多いので、弁護士へ依頼して自己破産手続きを準備すると良いでしょう。債務調査を行うために、取引が現在過去含めて過去10年以内の全ての取引履歴を開示請求することになります。実際に開示請求した取引履歴を元にグレーゾーン金利が存在していた時期の取引から過払い金が発生していないか確認を行う必要があります。

過払い金返還請求は先に行う

弁護士による債務調査の結果として、過払い金が発生していることが判明した場合には、過払い金返還請求を先に行わなければなりません。なぜなら、債務額を確定した金額が自己破産手続きには必要となるので、過払い金返還請求訴訟により債務額が確定してから自己破産手続きを行わなければ、裁判所は債務額を正確に確定させることが出来ないからです。過払い金返還請求訴訟には時間がかかるので、過払いが判明したらすぐに行動に移す必要があります。

過払い金は弁護士費用に充てることも出来ます

過払い金返還請求訴訟を早く提起する必要がある理由として、金融機関自体の経営状況が悪化しているために倒産や精算が行われることが多いからです。回収出来る過払い金を放置してしまい回収不能としてしまうと、資産を不用意に滅却したことになるので自己破産手続きの免責決定を受ける際に不利に働きます。いち早く過払い金返還請求を行うことで回収出来た過払い金は、弁護士費用に充てることも出来るので裁判所に対しても過払い金を弁護士費用に充てたのであれば、有効な利用方法とみなされるので安心です。

自己破産とは、自分の持っている借金などを破産によって整理することです。弁護士などの法律の専門家に依頼するとすぐに終わります。