宅地建物取引主任者!売買契約や賃借契約時の重要事項の説明を行う事が出来る資格

不動産業界に就職する場合に有利な資格

不動産会社の営業マンは家を探している人に対し、希望の物件を見つけ出す事が仕事です。新居を探すお手伝いをすることが出来る魅力的な仕事で、紹介を行った人からの喜びの声を聞く事も出来ると言うメリットも在ります。宅建は宅地建物取引主任者の略になりますが、宅建の資格を持たなくても物件の紹介を行う事は出来ますが、売買契約や賃借契約の際、重要事項の説明を行うためには宅地建物取引主任者の資格を持つ事が義務付けられており、資格を有する事で幅広い仕事に従事する事が出来るようになるわけです。

宅地建物取引主任者の資格は国家資格です

物件の紹介だけではなく、紹介者が物件を気に入って貰った際に、自らが契約に携わる事が出来るためには宅建の資格が必須となるわけですが、この資格は国家資格であり、国家試験を受験する、そして試験に合格する事で資格を有する事が出来るようになります。最近は、学校に通って試験の望む人もいれば、通信教育を受けて受験される人も多くなっており、日中は仕事をして夜間に通信教育教材を利用しながら勉強をし、受験される人も多くなっています。

宅地建物取引主任者の合格点の目安は?

国家試験と言うと難関と言ったイメージが在りますが、宅地建物取引主任者の国家試験は、70点を目標にすることで合格率が高くなるとも言われており、弁護士や医師、税理士などと比較すると、比較的合格点が低めになると言う事です。尚、宅地建物取引主任者は売買契約や賃借契約時の重要事項説明に関与すると言う重要な役割を持つ資格であり、税理士などの場合と同じく独占業務を遂行する事になるのが特徴です。それ故に資格を有する事で資格保持者にしか出来ない業務を遂行する事が出来るようになると言うメリットを持ちます。

宅建の講座は、社会人や大学生を中心に人気が高まっており、土地や建物に対する専門的な知識を得ることができます。