社会福祉士を取得する時の実務者研修で必要になる事

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は日常生活を病気や怪我などで送る事が困難になった人の相談を受けて、安定した生活が出来るようにサポートをします。社会福祉士が受ける相談内容には、介護保険制度や障害者自立支援給付などの助成金制度や福祉施設の入居など多岐に渡っています。また要介護者からだけの相談のみではなく、介護を行っている家族などからの相談も受ける事もあります。家族が介護に困る事が無いように、福祉サービスの提供なども行います。

社会福祉士の取得の仕方

社会福祉士の取得の仕方は、福祉系の4年制の大学に入学をして指定科目を履修します。それから、国家試験を受験して、合格すると取得出来ます。福祉系の大学を3年か2年通い指定科目を履修して卒業したら、1年か2年相談援助の実務経験を行います。こうなると、受験資格が取得できるようになります。福祉系の大学で基礎科目を履修した人は、4年満たない人は相談援助の実務経験を4年に満たすように行い、短期養成施設で6ヶ月働くと受験資格が得られます。一般大学を卒業した人は4年に満たない場合だけ満たす年数の実務経験をし、一般養成施設等で1年以上働くと受験が出来ます。

社会福祉士の受験対策

社会福祉士の受験対策は、出題頻度の高い社会福祉士法は福祉に関する法律や釈迦福祉法人や共同募金などの項目を条文で確認します。日本社会福祉士の行動規範は、取得後も必要になるため必ず覚えます。読み込むだけで、事例問題の点数を上げる事が出来ます。日本ソーシャルワーカー協会倫理網領は精神保健福祉士が同時受験になってから、出題の数が増えています。社会福祉士の行動規範は、暗記をするより内容を理解すると覚えやすくなります。

実務者研修を効果的に取り入れることで、従業員の日常の業務に対するモチベーションを高めることが可能です。