転ばぬ先の杖!万が一に備えた火災保険の選び方を考える

火災保険って何?その意義とは

住宅を新たに購入した際、その財産は価値あるものとして保存し続けなければなりません。特に災害が起こった場合、その損害はできるだけ低く抑えていきたいものです。万が一を考えたうえでの火災保険への加入は、そんな損害から自分の身を守るひとつの手段となります。火災保険とはその名のとおり、持ち家が火災やその他の天災に見舞われたときに補償を受けるための保険となっています。持ち家の形態によって火災保険の種類も違ってきますが、今回はその種類と選び方について紹介していきたいと思います。

一戸建ての場合の火災保険を考える

まず最初に、持ち家が一戸建ての場合の火災保険について考えていきましょう。一戸建てが災害を受けるケースを想定した場合、隣家にもその被害が及ぶ場合が考えられます。そして、建てる場所によっては洪水やガケ崩れの危険性も考慮に入れなければなりません。この場合の火災保険の選び方としては、近隣の住宅への補償も入っている「延焼災害」の項目や、洪水やガケ崩れといったいわゆる「水害」に対する補償が項目として入っている種類の保険を選ぶのがベターです。

マンション形態における火災保険の選び方とは

マンションの場合の火災保険は、一戸建ての時ほど「火災」に対する補償を考える必要はありませんが、その分他に考えるべき補償があります。それは「水害」です。生活を多くの人間で共有しているマンションでは、特に上下の層において、「漏水」という問題が発生する可能性があるのです。設備の不備、大雨による雨漏りが他の住人に迷惑をかけたり、逆に自分が迷惑を被る恐れがあります。そんな時に水漏れの原因を調査してくれる項目のある火災保険を選ぶことは重要となってきます。

火災保険に加入していれば、いざという場合に安心です。保障内容や価格、サービスを十分に比較してから加入することが大事です。