株式投資の信用取引についてのこと!その注意点とは

金利を得る方法があります

株式投資というのは、実は金利を得る方法があります。それが貸し株であり、これができれば相当に安定した利益を得ることができるようになりますが、さすがに自己資金が少ないですし厳しいでしょう。その上、金利が高い株は安定していない株であり、つまりは、キャピタルロスの可能性が意外と高いのです。ですから、貸し株で利益を得ようとしますとさすがに難しいことになるでしょう。しかし、信用取引をすればより多く貸せるので金利収入も高くなります。

信用取引の罠についてのこと

信用取引というのは、様々な罠があります。リスク、と言い換えてもよいでしょう。少しでもリスクを避けたいのであれば、基本的には信用取引そのものを避けたほうが良いでしょう。何より大きいのはなんといっても、元金がなくなる、ということ以上にマイナスになる可能性がある点です。そこが信用取引においてはとても怖いところになります。つまりは、リスクが途轍もなく高い、と言うことです。逆にリターンも大きいところがメリットになります。

出来るだけ覚悟しておくこと

株式投資での信用取引とは実は意外とリスク回避ができます。仕手株などに手を出さない限りはそこまで一気に上がったり、下がったりすることが少ないからです。そうした意味では非常にお勧め出来る物であるといえるでしょう。投資先としては非常にお勧め出来るのは確かであり、株であれは手堅い信用投資、と言うのが実は可能です。そうはいってもやはりレバレッジをかけている投資ではありますから、リスクに関しては覚悟しておきましょう。

株の信用取引の金利には特に注意をすべきです。なぜならその後の利回りや配当に大きな影響を与えるからです。