より強い絆を!教え子との距離を縮める3つの方法とは

共通の話題を探り出してみる

大学生なら家庭教師のアルバイトをする人も珍しくはありませんが、彼等がどの様にして教え子との信頼関係を築いているのか大変興味があるところですよね。大学生とはいえまだまだ若く子供世代との話も合わせ易い年代。ですからその利を存分に活かし、共通の話題を探り積極的に会話する事によって、短時間で教え子と打ち解けている人が多いのです。話題はゲームを始めとした遊びや趣味のジャンルから入るのが最も無難。ただし本格的に打ち解け盛り上がるのは休憩時間が原則です。あくまで勉強は真剣に、ですよね。

真剣に悩みを聞いてあげる

家庭教師で教える教え子は実に多感でデリケートな小中学生。事情が難しく両親にも離せない不安や悩みも多く抱えているものです。それをさり気なく聞き出し、解決へのヒントを与えてあげるのも家庭教師の立派な仕事でしょう。自らも大学生になるまでにそうした不安や悩みと付き合ってきた筈。その経験をフルに活かし、人生の後輩である教え子にアドバイスしてあげるのです。教え子側から見ても、「自分と同じ不安や悩みを抱えていたのか」と気付くと共に、急速に家庭教師を身近な存在に感じ、これまで以上に大きな絆を築いてゆける事でしょう。

目標を達成したら簡単なプレゼントも

子供は強い目標意識を持つと意外と強い集中力を発揮するもの。それを全力でサポートする為にも、家庭教師は普段からの指導に真剣に取り組まなければなりません。具体的な目標として、テストの点数の特定値をクリアする、あるいは特定の順位以上へのランキングといったものがありますが、頑張ってそれを達成した時に備え、簡単でも良いですから個人的なプレゼントを準備しておくと良いでしょう。子供は実体を伴う褒美に対して非常に喜びますから、その効果は抜群。さらなるモチベーション向上の為にも良い方法なのです。

家庭教師のバイトは拘束時間に比べて時給が高く、自分の都合で予定も入れられる事が多いので学生にとても人気のバイトです。